カジュアルプレイヤーのたわごと。

ゲーム好きによるゲーム好きのためのゲーム好きなブログ

プリンにしてやるの

今日というか昨日というか、いつ撮ったかも忘れるくらいテンション上がったのですが、MVPのコーナーです。

 

f:id:rit_sv:20200226220613j:image

リーダースキン付きカードにカードパックポイント交換システム、なかなかビジネス的な側面が色濃く出た施策ですが(ゲーム開発者脳)、

大好きなオ ウ ル キ ャ ッ トの生みの親、原田いすか先生によるアートなんですね。

すでに思い入れの強いカードとなっています。

 

f:id:rit_sv:20200226220618j:image

ソッコーでプレミアムオーブを注ぎ込みました。

 ありがとういすか先生。

 

ドロシーとかオズとかも欲しいなあ…。

RAGE reviewing 2020 Spring

※この記事はこちらの英語翻訳記事です。

 

So it took a little while, I finally finished writing this: self reviewing of RAGE 2020 Spring Battle Festival.

You may know that I am a Japanese, but this time I participated as an overseas player.

 

 

 

COMFORTABLE ISOLATION

Because of the registration check process, usual player entrance has been crowded at every RAGE. But this overseas entry makes it easier with different entry lanes, and where we have to wait was not as much crowded as usual participants area.

 

As it is Japanese tourney, all announcement is made in Japanese. So, as the arrangement for non-Japanese speakers, they isolate those who have come across the sea and megaphone some translated announcements to them.

 

We usually use an app called "Shadowverse Navigator" for recording the match results and even for player registrations, but this app doesn't work overseas... :PepeCry:

We had to write our match results by ourselves. Old school way, huh?

 

This area has very less capacity than Japanese players' area, and we didn't have to move seats each Swiss rounds.

We didn't have to think like "oh, where is next match table?", or prepare for moving onto the table.

 

So this complete isolation was really comfortable.

(I'm not going masochistic lol)

Rather those Japanese players come to this area for battle looked feel away each round. 

Actually I've got used to RAGE atmosphere, but this isolated situation supported me to get relaxed more.

 

 

RESULTS AND LISTS

Within such an relaxing mood, I went straight to round 5. (7-0 or 6-1 could advance to Day 2.)

But my concentration started to lapse, and made a very tiny mistake at that round.

Losing against 4-0 Float Portal / Shikinami Rune lists, made me dive into losing streak through to 4-3.

I couldn't make it to Day 2 as a result...

 

I lost one match that I might be able to win, this is a frustrating end.

Being cool enough and concentration were very important to keep winning.

 

Here're my lists.

 

Natura Dragon

f:id:rit_sv:20200226011238j:plain

▲Malion supports your aggressive plans. He was MVP.

 

There was less AoE in early-middle games and it took a little long for lethal at that meta. Sometimes I just play small stats followers and win without critical cards.

 

In the list, I put Shiva for stopping enemy Storm followers or catching up some damages.

Also Kaya, Draconine Brawler was good for both damage source and removal plus clearing enemy Ward.

  

f:id:rit_sv:20200226011852j:plain

Some Clash of Heroes were for high health followers like Ceres, Eternal Bride, but I had few chance using them. Could be better changed to other cards.

 

 

Shikigami Rune 

f:id:rit_sv:20200226011349j:plain

Conjure Golem was to earn Spellboost and activate Sagacious Core in only 2pp.

I still don't trust Traditional Sorcerer, maybe 3 copies are too much, and even 1 copy is enough, because you can copy her during the match if needed.

 

f:id:rit_sv:20200226012011j:plain

I rather like Twinblade Mage who can remove enemy Traditional Sorcerer in mirror matches, or One-Tailed Fox aganist Shdow matches with dealing damage to enemy leader.

In close matches, I thought attacking was effective than bracing in fact.

 

And this depends on your luck, number of over 8pp cards should be under 15, that is why my Kuon bricks few times.

 

 

SHUT OUT DISTRACTION

At this time, the table number haven't changed during the Swiss rounds. And this made me play next to my friends Akamarured (Panda Global) and sWay (Twighlight Knights).

Somehow it happened, and I got more relaxed surrounded with people I know.

 

By the way, a decisive encounter, Akamarured VS GEMO (AXIZ, a team from Japanese proffecional league) was on play right next to me in round 7.

GEMO had top average in latest RSPL players, and was super strong enough at RAGE too.

 

 

Focus and Headphones

Card games are rapidly changing situations. Players are required to concentrate with iron hard mentality.

At RAGE, so many people moves, so many noises heard, and so many external factors make you lapse of concentration.

It's not only a huge competitive tournament, but also a huge offline gathering event.

 

f:id:rit_sv:20200226213821j:image

▲It's named "Concentrate" in JP text. lmao

They always hold some side events and stage events in the same venue.

I would bring my headphones to get concentrated more even I don't wear usually.

...I must be able to win that Portal match and go 5-0 if I could focus more on my match. :PepeCry:

 

Invisible Enemies

This often happens when you're an overseas player, but some unexpected accidents bother you, like SIM disconnection or so.

I got my Shadowverse App crash during the battle of round 2, and could do nothing for whole turn. I was lucky the connection was still alive and could continue the battle. (And won that one.)

 

This reminds me same thing happened to my opponent at RAGE of Rebirth of Glory meta. (And I got that battle, too.)

It's really important to perform the best whenever you face to unexpected situations.

 

 

 

A REV FINALIST OF RAGE

After whole tournament ends, one of us made it through to the finals.

Congrats, Shimon!!

I'm really glad that one of the Revelation, one of my friends become the top 8 of RAGE.

 


Of course I do support him and hope he wins as a teammate or friend, but also I strongly wish he wins for himself. 

#SHIMONWIN

#REVWIN

 

By the way, I've always wavered the RAGE winner prediction, but looks I don't have to this time.

ggwp and glhf.

RAGE振り返り2020 Spring

** English translated version is here.

 

遅ればせながらRAGE振り返り記事です。

記事を書いた気がしますが、今回のRAGEは海外選手枠で出場しました。

 

 

 

快適な軟禁エリア

海外勢だけエントリーのレーンが違ったり、あんまり密集しない場所で試合したり、なかなか新鮮でした。

会場に足を運んだ方はわかるかと思いますが、大会そのものは基本的に日本語のみで進行されます。

そのため、非日本語話者への配慮として、海外選手は海外選手エリアにて軟禁され、英語で説明を受けたりジャッジとやりとりをします。

結果報告もシャドナビは使わず、昔ながらの紙に書く方式でした。

ビックサイト懐かしい。

 

そもそもの人数も限られているので、ラウンドごとにテーブル番号が変わって移動して・・・ということもなく。 

この軟禁状態がけっこう快適でした。

※べつにドMとかそういうわけではないです///

 

海外勢しかいないにところにやってくる、日本人の対戦相手の方がアウェー感あったんじゃないでしょうか。

管理人がRAGE慣れしてるっていうのもあるかもですが、すごくリラックスして試合に臨めました。

 

 

 戦績とデッキ

そんなリラックスムードの中、DAY1は途中まで4-0と快調でした。

しかし凡ミスから同じく4-0で来ていたネメシスに敗北し、そこから立て続けに3連敗を喫して最終戦績は4-3。

DAY2進出はならず、、勝てた試合を落としたのは本当に痛いですね。

いかにクールでいられるか、自分との戦いでもあるわけです。

 

持ち込みはドラゴンとウィッチでした。

 

自然ドラゴン

f:id:rit_sv:20200226011238j:image

▲アグロムーブもできるマリオン偉すぎる。

 

中盤から簡単に切れるAoEも少なく、リーサルまでのセットアップも遅い環境だったので、ただひたすらに横並べして勝つ、なんてことも何度かありました。

 

この構築では、相手の疾走札への足止めや、足りない打点を補うために「シヴァ」、

守護を突破しながら打点にも盤面処理にも使える「喧嘩屋の少女・カヤ」を入れてます。

 

f:id:rit_sv:20200226011852j:image

あと、体力の高いフォロワーを一方的に処理できる「両雄激突」も積んでました。

ほとんど使わなかったのでいらないと思います。笑

 

 

式神ウィッチ

f:id:rit_sv:20200226011349j:image

ゴーレムの錬成」は低コストでスペブ重ねつつ進化を切って「ウィズダム・コア」を起動できるカードとして。

クラシカルソーサラー」は今でもあんまり信じてないです。

積むにしても、3枚も要らないと思います。

どうせ増やせるし1枚でもいいんじゃないかと。

 

f:id:rit_sv:20200226012011j:image

むしろミラーマッチでの相手のクララや、妖怪ネクロの「一つ尾狐」などを処理しながら打点を稼げる「双刃の魔剣士」など採用していました。

実際、接戦では守護より攻める札の方が重宝した印象があります。

 

あと、個人的には、

式神ウィッチの8個スト以上のカードは15枚以内に抑えると事故が減る気がします。

 

 

雑念を遮断しよう

ずっと席が変わらないこともあって、今回はすべてのラウンドで、

懇意にしているAkamarured (Panda Global)、sWay (Twighlight Knights)と隣の席でプレイしてました。

たまたま隣だったんですが、見知った顔が近くにいると気持ち的に落ち着けますね。

ちなみに7ラウンド目、隣のテーブルではAkamarured VS GEMOというプロ同士の対決が起こってました。

・・・・・・GEMOさん強かった。

 

 

集中力とヘッドホン

戦況が目まぐるしく変わるカードゲームにおいて、メンタルの強さ・集中力はひとつ大きなポイントだと思います。

RAGEは人の移動もあり、雑音もあり、集中力を途切れさせうる外的要因がたくさんあります。

ステージでイベント進行してたりしますからね。

 

ネメシス戦はゲームに集中できてれば5-0までいってた気がするんだよな・・・。

普段シャドバをプレイするときはしないんですが、ヘッドホンあったほうがいいなと強く感じました。

 

敵は見えないところにも

海外選手あるあるとしては、プリペイドSIMの接続が切れるとか、どうしようもないアクシデントに見舞われたりもしますね。

管理人はラウンド2で対戦中に、シャドバのアプリがクラッシュして1ターン動けず、なんてこともありました(汗

・・・勝ったけどな! 

 

そういえばROGのRAGEでも対戦相手が回線トラブルで1ターンパス、なんてこともありました。

不測の事態が起こっても動じず、いかに最高のパフォーマンスを出し続けられるか、とても重要だと感じました。

 

 

REVからRAGEファイナリスト

今回は我らがREVからファイナリストが誕生しました。

おめでとう、しもん!

チームメイトがファイナリストになるのは本当に嬉しいものですね。

 


チームメイト・仲間として勝って欲しいのはもちろんですが、なによりしももんが自分自身のために勝って欲しい。

#SHIMONWIN

#REVWIN

 

毎度悩んでいた優勝予想、今回は一ミリも迷わずに済みそうです。

そんじゃまた。

 

無限に墓場をため続けるビショップ

今日のMVP。

久々の更新で、かつ本当はRAGEの記事とかSVOの記事とか書きためたのがあるんですが、

それよりもまずこれを見てほしい。

 

アディショナルカードが出てまず試したかったやつ。いちばん重いセットアップを1ターンでこなすのに、そんなに時間がかからなかったのはちょっと意外でした。

メンテで演出を短縮した影響もあるのかも?

 

やり方は簡単です。

4ターン目

・・・までに「聖獅子の神殿」を設置。

 

5ターン目

崇拝の実現」で神殿を5枚並べる。

 

6ターン目

聖獅子の結晶」をエンハンスで撃ち続け、墓場が27になるように調整。

堕天」を神殿に撃つ。

聖獅子の結晶」を撃ってPP回復。

堕天使」で相手フォロワーを攻撃して自滅。

冥府への道」を設置。

f:id:rit_sv:20200220223941j:image

 

配信もしてたんですが、ギリギリ冥府置けたり置けなかったりして、2時間かけてリーサルとれました。(プレイがガバガバだったため)

いまは達成感に満ち溢れてます。

 

ツイートにもぶらさげてますが、リストこんな感じです。

無限にスペル撃ってる間は楽しいので回してみてはいかがでしょうか。

f:id:rit_sv:20200220225255p:image

 

これでもうアンリミは当分触らなくていいかな笑

そんじゃまた。

rit./REV、RAGE参戦

 

おひさしぶりです

まあタイトル回収は後ほどにして、更新頻度が落ちたことへの言い訳身の上話をば。

現在、当ブログ管理人のrit.はベトナムで仕事してます。

ちょうど8月中旬ごろからこっちでの生活が始まったことにより、生活への慣れ等々のためにブログは積極的に更新してませんでした。

ネタはたくさんあったけどね!

慣れてきたなーと思ったら今度は仕事が忙しくなったりでてんやわんや。。

長ければ4月くらいまではちょっと忙しいので、頻度はかなり低いままかもしれません。ごめんち。

 

 

海外選手枠

で、ベトナムにはいわゆる旧正月というものがあって、日本の年末のように、7−10日ほどの休みが存在します。その代わり、西暦の年末は休みになりません(泣

たまたま今回は旧正月がRAGE予選とかぶってるのと、ちょうど一時帰国する予定ということもあって、「海外選手枠」でRAGEに応募してみました。

Tempo StormのPotwasherさんなどと似たエントリー状況ですね。

 

そしてその結果、なんと当選したってわけです。

ということでタイトル回収しましたが、次のRAGEはBブロックで参戦します。

終わったら2-3記事書くつもりです。rit.に会いたいという物好きな方は、ぜひ会場でお会いしましよう。

デッキが決まらないんじゃーーー!!

 

そういえば今回のRAGEは1万人ぶんの枠があるそうですが、海外選手枠って何人ぶんくらいあるんでしょうかね。

あと久しぶりの日本、寒そう。。

 

MATTSUWIN

今日はシャドバプロリーグにて、我らがMattsuのデビュー戦でした。

個人としてマリノスサポーターなのでOJAを応援するかは置いといて、まっつくんは最も力いれて応援する選手になるんじゃないでしょうかね。。

実際に会って話したり飯食ったりしたこともあって、やっぱり他のプロ選手に対するものとは違う思いになります。REVメンバーっていうのもありますね。

これからも頑張っていってほしいと、心から思います。

 

というわけで久々の投稿は今日のMVP。


f:id:rit_sv:20191102155604j:image

 

新環境なってから1ヵ月、当然のごとくナーフされる黄金都市(アニエスをナーフしてほしかった)ですが、一方でなぜかアッパー調整が入ったネメシスを試していたときの一幕。

アグロネメシスみたいな構築も狙える気がしました。ネクロ相手に5ターンリーサルって...。

研究がはかどりそうですね。

 

VEC最初の1ヵ月はひたすら自然ビショップで6000MPまで盛ってましたが、

その後は意外と時間がとれず、グラマス到達とはなりませんでした。

今期は行けるといいなあ...。

そのうち構築も上げたい。

 

さて、気づけば最後の投稿から2カ月経ってました。草

リアルライフでいろいろあり(海外に移住したり)、ちょっとブログどころではなかったりしました。まあシャドバとか他のゲームは遊んでたので、投稿しようと思えばできたわけですが笑

 

毎日できるかワカラナイけど、前みたいにブログ更新していけたらなーと思ってます。

 

メンタルだいじ

過酷溢れる環境であるがゆえに、勝ったり負けたりすることはどちらも多いのではないでしょうか。

カードパワーが高いクラスが多く、うまく立ち回れずに蹂躙されることも少なくありません。

そういう時ほど、いかに気にしないかって大事だと思うんです。

 

f:id:rit_sv:20190802173059j:image

 

今日のMost Valuable Photoは、息抜きとミッション消化を兼ねて使ったデッキから。

至高神・ゼウス」のRNGでピッタリーサルでした。

 

ラダーが難しいとき、なんとなく勝てないとき。

たまには息抜きに楽しいだけのデッキを使ってみると、精神的に落ち着けるかもしれません。

 

カードゲームは勝負なので、どちらかが勝ち、どちらかが負けます。

これはどんなに酷い負けっぷりだったとしても、「まあそんなこともある」くらいに思えば、次以降に引きずるようなことはないのではないでしょうか。

競技シーンだととくに大切な考え方のような気がします。

竜こそ至高、ゆえに・・・

暑いですねー

暑い時こそアツいデッキで白熱のバトルをしたくなりますね(?)

 

というわけでミッション消化用のデッキから今日のMost Valuable Photoです。

f:id:rit_sv:20190801181440j:image

 

対面もドラゴンでした。

まさかのマゼルベインドラゴンでした。

 

竜の財宝」は事前評価ではそんなに強くなさそうって書いた気がしますが、決まればかなり強いことは間違いないですね。

専用構築にすれば、かなり早い段階で「ドラゴンスフィア」に到達することもできます。

 

複数並んだ8/8というスタッツのフォロワーを少ないリソースで処理するのは難しいので、一度整ってしまえば勝ちに行けるデッキだと思います。

強いとは言いません。

 

気になる方は使ってみるといいと思います。

そんじゃまた。

ShadowverseおよびそのロゴはCygamesの商標です。

本ウェブサイトは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。

Cygamesは本サイトの運営または内容について責任を負うものではありません。

Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。

Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。