カジュアルプレイヤーのたわごと。

ゲーム好きによるゲーム好きのためのゲーム好きなブログ

Joining in Team Revelation

English translations are below.

 

タイトル通りのお知らせです。

身の上話。

 

Revelation (REV)というアマチュアのシャドバチームに所属することになりました。

世界大会のGF出場者がいたり、ツイッターやゲームを通してメンバーと交流があったり、興味のあったチームのひとつでした。

たまたまフォローしたメンバーに検討してみてねって言われたこともあって、応募してみました。

チームの雰囲気、自分のできること、やりたいこと、今後の展望などマッチした部分が多いと感じるので、所属できてとても嬉しく思います。

がんばるぞい。

 

 

 

English Translations

 

I became a member of Shadowverse team Revelation (REV).

REV has been one of my wish-to-belong teams.

Some of the members participated for WGP, and had communication with me on Twitter or in game.

Some member told me about the recruitment/application, and it pushed me to apply.

I'm very glad to be a part of this team.

Team culture, what I can do, what I want to do, and how I can be… many factors fit me and the team I think.

I'll do my best.

 

Yoroshiku onegai shimasu!

RAGEってひょっとして今週末では

そう考えると意外と時間ないですね。

法事で直前の土日祝が潰れたのはちょっと痛いかも。。

 

なんとなくアリーナ開いたらこんな画面に飛べるので当選を実感しました。

大会あるある。

 

f:id:rit_sv:20190716151239j:image

RAGEへの当選自体はリザーバー含めると6-7回ぐらいしてるんですが、行けなかったり行かなかったりがあって、参加は3回目になります。

 

SFL以降参加できてないので、実はかなり久しぶり。。

東と西に別れてないのもちょっと不思議な感じします。笑

ものすごく楽しみですが、それ以上にどのデッキを持っていくか決まらず、焦りが出始めています。

 

とくにここ最近の競技シーンでは顕著ですが、BO3なので、相手のデッキの片方に絶対に勝てるデッキを持ち込めば、勝ち上がることはできるはずです。

全体面有利なデッキがあれば、それを持ち込むに越したことはない気もしますが。

 

これは勝ちに行くデッキ選択をするなら、という話です。

実際には、プレイスタイルやリーダー相性もあると思うので、慣れ親しんだデッキを持ち込むのが一番いいと思います。

 

皆さんならどのデッキを持ち込みますか?

スクショのタイミングが難しい

昨日投稿したMVP記事のスクショに至るまで、2時間くらいかかったような気がします。

プラクティスだったのに。

 

今日はそこまでの道中NGから。

f:id:rit_sv:20190714032409j:image

本当は「手札とボードが凄いことになってる!」っていうのを撮りたかったんですが、タイミングが合わず。

神託の妖童・アルルメイヤ」のスリーブを使っていたので、アルルメイヤがすごく光ってるみたいな画像になりました。

手札とボードに注目してほしいのに。

 

まあ、これはこれで面白いスクショになったんで、撮れ高としては悪くないかと。

ちなみに使ったデッキの構築はこんな感じ。

 

f:id:rit_sv:20190714034145j:image

弱いです。

ただ、悪くない部分も少なからずあって。

コンセプトガン無視になっちゃいますが、「開闢の予言者」と「マナリアの偉大なる研究」を抜けば、そんなに悪くないデッキバランスになる気がします。

 

必要なカードをコストダウンできる「魔術の王・ソロモン」は、進化ギミックとの相性がいいと感じました。

ランクマッチで戦えるレベルの構築ができるかは怪しいところですが・・・。

これもグラマス到達後に試してみたいですね。

そんじゃまた。

天地開闢せし時。

法事によってゲームしてる暇がなさそうなので、撮りためておいたストックから、今日のMost Valuable  Photoです。

 

f:id:rit_sv:20190714032748j:image

現在のローテーションで、個人的に最も好きなカードの1つ、「開闢の予言者」。

同名カードは3枚までしかデッキに積めないルール上、本来はこれでボードを埋めるのは不可能です。

 

f:id:rit_sv:20190714033213j:image

▲リーダースキン実装はよ。

 

・・・しかし。

リバース・オブ・グローリーはやってくれました。

ウィッチにだけ、手札のフォロワーを増殖させるスペルが与えられたのです。

 

f:id:rit_sv:20190714033310j:image

これによって開闢を増殖させて、ボードを開闢で埋めてしまおうという企画でした。

アンリミテッドでしか作れなかった異次元のボードを、ローテーションでも作ってしまおうということです。

 

当然デッキパワーなんてあったもんじゃないので、プラクティスで挑戦しました。

一応ランクマッチはMPを多少盛ってあったので、みすみす稼いだ分を捨てたくなかった。。。

 

 

200%デッキ構築が原因ですが、改めて開闢を出すことの難しさを感じました。

あとソロモンつっよい。

 

ランクマッチの環境は殺伐としているので、たまにはこういう息抜きもアリなんじゃないでしょうか。

次はイージス増殖・・・?

地獄のような盤面

ローテーションのラダー進捗があまり良くなくてブルーなんですが、素直に環境デッキ握れって話ですかね・・・。

 

今日のMost Valuable Photoはこちら。

f:id:rit_sv:20190713164036j:image

機械ネクロが楽しくて強い。

6-7コストで疾走できるフォロワーがいるので、中盤以降がかなり安定します。

使ってからは2000くらいしか盛れてないですが。。

 

昨日の記事でも書きましたが、展開力で機械デッキに劣りがちなのと、序盤が弱いのと、リーシェナに勝てないのでTier1には居座れないデッキですね。

強いは強いですが、上には上がいます。

 

今日はエイラなど握ってみましたが、ようやくあと5000くらいです。

RAGE間に合うか?

手札から直接召喚

手札に来て欲しくないカードというと、「絢爛のセクシーヴァンパイア」が思いつきやすいカードでしょうか。

今日のMost Valuable Photoは手札に来て欲しくないタイミングで来てしまった人たちです(?)

 

f:id:rit_sv:20190712184750j:image

▲来ちゃった♡

 

進化ネクロで11連勝しました。

楽しくて強いデッキっていいですね〜。

この後勝ったり負けたりを繰り返しているので、今4000くらいです。

 

守護が多いデッキ全般と、毎ターン横並びができるデッキには弱いです。

また、こちらのリーサルターンである10ターン目までにクロックが設けられてしまうリーシェナネメシスには不利が付きます。

冥守の祈祷師・ティティ」を積めば、ミラーマッチや機械ヴァンプなんかも見れて強くなりそうです。

f:id:rit_sv:20190712185627j:image

ナーフ後でもコントロール環境に変わりはないようですが、ランクマッチで見かけるデッキの比率は明確に変わったように思えます。

黎明とまではいきませんが、不安定な環境に戻った感じがしてますね。

国内ではRAGEまで時間がない中でのナーフにてんやわんやですが、海外ではこの土日に大会があったりもするので・・・。

 

いずれにせよデッキが決まらない。。

そんじゃまた。

燃ゆる悪意

ナーフされてもそこそこ強い復讐とエイラ。

RAGEまでに環境はどの程度変化するのか気になりますねえ。

 

ナーフ直前のラダーの一幕。

f:id:rit_sv:20190711175005j:image

9ターン目に盤面ロックされ、「氷獄の王・サタン」をフォロワーとしてプレイできないという窮地に立たされました。

仕方なく相手リーダーの体力を減らせるだけ減らして、アクセラレートでサタンをプレイ。

あとはお祈りです。

 

すると10ターン目のトップは「悪意の炎帝」。

連戦してかなり手札事故が起きていたので、嬉しいトップデックでした。

少しでも勝てる可能性に賭けたからこそ、手繰り寄せられた勝利ですね。

 

これからナーフ後の環境を回していきます。

そんじゃまた。

ナーフを免れたクルトくん

明日7/11のメンテナンスにて、ROGのカードに能力変更が加えられることになりました。

この記事ではナーフ後のカードを見ながら、どうなるか考えていきましょう。

  

 

ナーフされるカード

公式はこちらから。

 

『哀切の悪鬼』

f:id:rit_sv:20190710221129j:image

6コスト|6/6→8/8


(スタッツのみ変更) 

 

小細工が効かなくなる

コスト2だったことで、フィニッシュターンの前に「カラミティブリンガー」「破滅のサキュバス」などのコストを下げ、リーサルをより早くする動きが可能でした。

序盤で復讐に入れていれば、2コストのカードを多数プレイすることもできました。

 

自身が6コストになったことで、そうした使い方はしづらくなります。

必然的に6ターン目以降にしかプレイできなくなるため、序盤からカードのコストを下げていくことができません。

他の動きとの噛み合わせが悪くなります。

 

復讐状態でなければ、ただの6/6/6バニラフォロワーも同然なので、安易に3枚積めるか怪しいカードとなります。

 

 

『清純なる祈り・エイラ』

f:id:rit_sv:20190710221201j:image

4コスト|3/4→5/6


(スタッツのみ変更) 

 

普通のカードに

レアリティをつける基準がわからないんですが、レジェンドレアのカードではないような性能に。

4/3/4守護というのも普通ですし、進化を切ってアミュレットを出すだけのフォロワーというのは、言ってしまえばテンポロスにつながります。

出てくるアミュレットが強力なので、弱いわけではないですがね。

 

これまでのエイラビショップは、先に進化できる後攻の方が強いデッキでした。

このナーフにより先攻の方が強くなりそうです。

そして、これまで以上にプレイするタイミングを考える必要性が生じるでしょう。

 

 

『絢爛のセクシーヴァンパイア』

f:id:rit_sv:20190702225852j:plain

(スタッツ変更なし)


(進化前)

自分のターン中、このカードが自分のデッキから手札に加わるとき、【復讐】状態でないなら公開して、自分のリーダーの体力の最大値を10にする(現在値は10以下ならそのまま)。公開した場合、このカードは消滅する。

 

逆ギレからドMに

自分の残り体力に関係なく、常に復讐状態でいられるという点が強みでした。

しかし残りに関係なく体力の上限を10に下げるだけという、「ドラゴニックメイル・ギルヴァ」もビックリな能力になっています。

ダメージカットもなく上限が定められるため、序盤で引くと詰むカードになってしまいました。

 

手札1枚失ってセルフハードモードになるだけじゃん。

序盤で引いてしまった時のダメージが大きすぎて、1枚も積まれなくなる予感がしますね。

 

ただ、復讐ヴァンプの強いところは、別にセクシーに頼らなくても勝てるデッキパワーがあるってことです。

復讐はリーダー体力を参照するギミックなので、相手が復讐に入れてくれる、なんてこともなくはないわけです。

前環境のロイヤルとまではいかないものの、1枚1枚のカードパワーが高いため、ゴリ押しでもなんとかなることもあります。

 

 

 

ナーフを免れたカード

他のカードが強すぎて、ナーフされてもいいくらい強力なのにあまり脚光を浴びていないカードたちです。

こいつら残ってたらそこまで大きく変わらんような気もする。

 

 

『聖弓の使い手・クルト』

f:id:rit_sv:20190703005928j:plain


実はエイラ以上にヤバいカードです。

機械・カードの実装により、ローテーションでもビショップの回復量は他のクラスよりも頭一つ飛び抜けています。

 

ナーフが入ったとしても、横並びが前提の環境であることに変わりはないはずです。

簡単にAOEを吐けるクルトは環境にマッチした最高のメタカードと言えます。

ビショップが覇権デッキとして君臨し続けることになるかもしれませんね。

 

 

『業風のリノセウス』

f:id:rit_sv:20190702231050j:plain

 

少なくともローテーションではいまいち活躍していないフォロワーですが、うまく回ればローテでも5ターン目には1/6/1を走らせることができます。

条件付きとは言え、攻撃力が上がり続ける1コストの疾走フォロワーという時点で異常に強いと思いますよ。。

 

実際のところはアンリミテッドで脅威となっています。

守護かダメージカットがないと一瞬でリーサルまで持っていかれるので、案の定害虫認定されていますね。

アンリミのエイラ・豪風・復讐のパワーバランスが崩れるんでしょうか。 

 

 

 

ナーフ後強いデッキ

もっとも気になるところはやはりこれでしょうか。

ローテーションにおける各クラスの強いデッキを、軽く評価していきましょう。

 

 

エルフ:まあ強い

f:id:rit_sv:20190705200716j:plain

 

もっとも戦いづらかった2デッキのカードがナーフされたことで、機械エルフにとっては、以前よりも戦いやすい環境になると言えそうです。

 

ただし、ヴァンプは主力ではないカードがナーフされ、ビショップには致命的と言えるAOEが残されたままです。

ランクマッチにおいては依然として戦いにくい環境が続きそうです。

 

 

ロイヤル:反逆しそう

f:id:rit_sv:20190710222755j:image

 

カードプール的にアグロデッキが組めず、基本戦術がミッドレンジになります。

エイラが起動するターンが遅れることにより、かなり戦いやすくなるはずです。

 

とくに機械ロイヤルは、復讐ヴァンパイアに対して有利に立ち回れるデッキなので、ティア上位に舞い戻るかもしれませんね。

 

 

ウィッチ:相変わらずエイラ以外には強い

f:id:rit_sv:20190618183011j:plain

 

復讐ヴァンプに強いデッキはエイラ以外にも強く立ち回れるため、相変わらず数を減らすことはないでしょう。

 

エイラに狩られる運命でしたが、エイラが出てくるのが遅くなることで、リーサルを早めることが可能になったと言えそうです。

 

 

 

ドラゴン:???

f:id:rit_sv:20190710222802j:image

 

未知数。

現状は有力なフィニッシャーが「至高神・ゼウス」くらいしかおらず、そしてそこにつながるまでのシナジーもそんなに強くない。

これがカードプール的な問題なのか、他のデッキが強すぎるからなのか、あるいは両方なのかヨクワカラナイ。。

 

面白いカードがたくさん実装されているだけに、ちょっと残念なクラスです。

ナーフ後もこのままなのか、それとも改善するのか。

あんまり触ってないからっていうのもありますが、ちょっと読めないですね。

 

 

ネクロマンサー:Tier1と2の間っぽい

f:id:rit_sv:20190710222808j:image

 

あまり騒がれてない気がしますが、ポテンシャルは間違いなく高いクラスです。

進化ギミックとの親和性が高く、機械デッキも横並びには適しています。

 

完全にボードで戦うデッキなので、復讐ヴァンプの弱体化がどこまで進むか、そしてエイラに守護がどれくらい積まれるかによって変わってくるでしょう。

Tier1まで食い込めるかは怪しいですが。

 

 

ヴァンパイア:爆発力は落ちるが強い

f:id:rit_sv:20190702230021j:plain

 

セクシーヴァンパイアの採用によるデメリットが跳ね上がりました。

これによって、セクシー不採用の復讐ヴァンパイアが現れることが考えられます。

入れなければ引けないのと同様で、引けなくても十分戦えますからね。

 

ただ、リスクが大きすぎるため、序盤から復讐に入られて苦しい展開が続くようなバトルは減りそうな予感がします。

哀切による恩恵もそんなに見込めないので、リーサルターン自体は遅くなりそうですね。

 

また、機械ヴァンプや進化ヴァンプなど、これまでマジョリティではなかったデッキを見る機会が相対的に増えるかもしれませんね。

 

 

ビショップ:Tier1トップもありうる

f:id:rit_sv:20190703005757j:plain

 

ナーフされてもたぶん強いです。

エイラを引けないと話にならないのはこれまでと同様ですが、そもそもフォロワーのスタッツを上げていくデッキでした。

フォロワーエイラはコストとともにスタッツも上がったことで、盤面処理能力は向上しました。

 

起動ターンが遅くなっただけで、むしろ強化なんじゃないか・・・。

他のカードとのひっつきが悪いので足は遅くなるでしょう。

 

 

ネメシス:ナーフの被害が大きい

f:id:rit_sv:20190710222817j:image

 

使用感や戦いやすさはそこまで変わらないでしょう。

どのデッキに対してもわりとうまく立ち回れるクラスなので、これまでとそんなに変わらないような気がします。

 

ただ、エイラが増えることが想定されるので、ある意味でナーフの弊害を被りやすいクラスになったとも言えそうです。

エイラをメタったエンジェルシュート」が、リーサルプランである「黒き破壊のアーティファクト」にガン刺さりします。

 

今でもたまに積んでる人いるので、そんなに変わらん気はするけど。

 

 

 

おわりに

個人的にはわりと雑なナーフという印象を抱かないでもないですが、環境に影響があることは間違いないでしょう。

結果的にエイラ強化になりそうな・・・。

 

これまで数を潜めていたデッキが急に増えるかもしれないと思うと、とても楽しみですね。

ShadowverseおよびそのロゴはCygamesの商標です。

本ウェブサイトは、Cygamesと提携関係にあるものでも、Cygamesが推薦するものでも、スポンサーとなっているものでも、個別に承認したものでもありません。

Cygamesは本サイトの運営または内容について責任を負うものではありません。

Cygamesの商標およびその他の知的財産の利用は、Cygamesのファンキット利用規約に従う必要があります。

Cygamesについて詳しくは、同社ウェブサイト(https://www.cygames.co.jp/)をご覧ください。